朝のこめかみの痛み

Share on Facebook

 

〇「朝のこめかみの痛み」でお困りの方へ

当院の治療方針について書きましたので、

ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、木村です。

私は1998年に国家資格である柔道整復師を取得して

その後、整形外科・接骨院での臨床経験、

2002年の開業以来、たくさんの患者さんを診てきました。

 

その中で、朝からスッキリしなくて、気分がすぐれないのが

朝のこめかみの痛み」です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇こめかみの痛みをを訴える人のベスト3。

3位 仕事が忙しくて緊張状態が続いている人

2位 集中すると噛みしめをしている人

1位 夜、歯ぎしりをしている人

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝のこめかみの痛みの方は

一生懸命で、頑張られる方が多いようです。

あなたもそうですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次に当院の「朝のこめかみの痛み」への考え方をご紹介します

〇朝のこめかみの痛みの原因と対処法

原因はたくさんあるのですが、

朝のこめかみの痛みの代表的なものをご紹介します。

 

1.噛む筋肉である側頭筋が緊張している。

噛む筋肉=咀嚼筋は4つの筋肉から構成されています。

①.咬筋、②、側頭筋、③、外側翼突筋、④、内側翼突筋です。

噛みしめやチックの方は、無意識にこれらの筋肉を使っています。

すると筋疲労が起こってきます。

咀嚼筋の中の側頭筋はちょうど側頭骨についていますので、

よく使いすぎるとその付着部である側頭骨、こめかみが痛くなってきます。

 

朝のこめかみの痛みは、寝ているときに噛みしめをしていることが多いです。

噛みしめしているということは、ストレスや疲れのために緊張状態が続いて、

本来緊張から解放される睡眠中も緊張していることが多いです。

 

「こめかみ」とは「米噛み」といって、

米を噛むと動く部分だからこのように言われます。

▶対処法

カイロプラクティックで

姿勢を改善していきます。噛みしめと背骨の歪み、

頚椎の歪みは関係していますので、

噛みしめにくいような姿勢に調整していきます。

また、緊張過多なので、緊張を緩めるような手技、

後頚部のリラクゼーションなどを行っていきます。

緊張が取れるようなアロマや音楽などもおすすめしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか?

もし、少しでもご興味を持たれた方には、

まだお伝えできることがあると思います。

下記からご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院は予約制で行っております。

初回は症状の原因を見極めるために

問診や検査に時間をかけていますので

新規の方は1日2人までとなっております。

〇電話でのご予約は

078-578-4818

「HPを見て」と言ってお電話ください。

〇インターネットでのご予約の方は

24時間 年中無休 ✉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811

神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分

JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、

出光のガソリンスタンドの向かい側、

フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。

24時間年中無休です

お問い合わせフォーム

info@kenyu-chiro.com

Facebookページ

https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト

http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧

http://www.kenyu-chiro.com/blog/

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。