有痛性外脛骨

Share on Facebook

 

〇「有痛性外脛骨」でお困りの方へ

当院の治療方針について書きましたので、

ご覧になってください。

 

*内くるぶしの下で少し前、矢印の所が痛くなります。

 

こんにちは、木村です。

私は1998年に国家資格である柔道整復師を取得して

その後、整形外科・接骨院での臨床経験、

2002年の開業以来、たくさんの患者さんを診てきました。

 

その中で足の内側の痛みに悩まされ、

つらい思いをされて来院するのが

有痛性外脛骨」です。

 

私も学生のころ足の痛みのために、

クラブ活動を思い切り出来なくて、

痛みのある中で練習した経験があります。

足をかばうあまりに動きが悪くなって、

いい結果がでませんでした。

 

そんなつらい経験があるので、

足を痛めていて、思い切り運動できない方を

何とかしたいという想いがあります。

もし、あなたが足の内側の痛み(有痛性外脛骨)でお悩みでしたら

当院へお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

〇けんゆうカイロ 有痛性外脛骨療法

有痛性外脛骨は足の内側の骨が

飛び出したように感じられ、

痛みが出る疾患です。

土踏まずの膨らんだところに痛みが出るので
・骨が膨らんできた、どうしよう。
・骨が痛いから骨折かな?
・形が膨らんでなんだか変だけど大丈夫かな?

と不安な気持ちになります。

 

また、足を捻ったり、何かにぶつけたりなどや

特に原因がなくても痛くなるので、

どこで診てもらえばいいか困ってしまう疾患です。

~~~~~~~~~~~~~~~

次のような症状はありませんか?

・運動していると足の内側に痛みが出でくる

・軽く足を捻ってから、足の土踏まずの所が痛い

・最近、練習でよく走っていると足の内側が痛くなる

このような方は、お役に立てます。

 

〇有痛性外脛骨の紹介

有痛性外脛骨は足の内側に痛みが出る疾患です。

とくに運動をしている中高生の女子に

多いという特徴があります。

クラブ活動などで頑張っている人に多いです。

 

試合前で走り込みが多くなってきた。

成長期で身長も体重も大きくなってきた。

そんな時期に起こります。

 

けんゆうカイロ・有痛性外脛骨療法

有痛性外脛骨だけでなく、あらゆる足の症状にも

対応できます。

理由

なぜなら、足の機能、足・膝・股関節の関係を

正常に戻していくからです。

正常に使えていないので、身体のどこかに負担がかかります。

これ以上の負担は身体に重大な悪影響を及ぼすときに、

身体が私たちに「痛み」として知らせてくれるのです

 

〇有痛性外脛骨は過剰な骨のせい??

有痛性外脛骨は足の内側に、

本来なら成長する段階で吸収されるべき骨が

吸収されず残っている部分に起こります。

 

そこにふくらはぎの奥にある後脛骨筋という筋肉が

付いていて、それが引っ張り炎症を起こすと言われています。

〇有痛性外脛骨

有痛性外脛骨発症の要因の一つに偏平足というものがあります。

偏平足は、ご存知ですか?

足の内側のアーチ(土踏まず)の部分が低くなり、

通常立った状態で、土踏まずの所に指を入れてみると

第2関節まで入るのが、第1関節までも

入らない状態になっています。

 

すると、足を着いた時のクッションがなくなり、

足が疲れやすくなります。

その結果、筋肉が固くなり、

付着している骨の所で炎症が起こり痛みが出てきます。

 

〇けんゆうカイロ有痛性外脛骨療法の特徴

1.「施術」と「エクササイズ」で痛みを0~3割に。

足を動かすときには、必ず股関節、膝関節、足関節が

一緒に動きます。そのような理由から、

足の問題でも、股関節、膝関節に原因がありますので、

動きの検査を行い、悪い動きを改善していきます。

 

2.痛みの部位だけでなく、

痛みを作り出す原因を解消する運動を教えます。

先ほど出てきた後脛骨筋。

この筋肉は足関節で地面を蹴るときに働きます。

基本的に、走るときは地面を足関節で

蹴らないほうがいいので、

蹴っていないか検査して、

正しい動作を覚えていきます。

 

3.有痛性外脛骨の本当の原因について解説し、

それを改善します。

本当の原因を知ることで、

自分でも気を付けることが出来ます。

施術ホームケア両方で痛みを防いでいきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇運動で困っている人を減らしたい!

私はラグビーをしていたころ、

肉離れのために思うようにプレーできないで

つらい経験をしました。

 

私のようにつらい思いをしている選手が、

一人でも減ればと思い、

柔道整復師、鍼灸師以外に

スポーツでの動き、トレーニングの専門家

スポーツトレーナーの資格も取得しました。

 

また学生時代からしているるトレーニングも続け、

最新のトレーニングを実践し

自分で体験しています。

〇私のポリシー

私は、まず自分で体験して、効果のあったものだけを

患者さんに施術したり指導します。

見たり、読んだりしただけで、実際にどんな反応があるか確かめないで

患者さんに紹介する方もいるようですが

そんな無責任なことは致しませんので

安心してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

根気強く治療を続け、

エクササイズにもしっかり取り組めば、

負担の少ない身体の位置で、

負担の少ない動きが出来るようになります。

その結果痛みを取ることは出来るのす。

 

お急ぎの場合は、電話でご連絡下さい。

 

有痛性外脛骨の施術料金

☆初回
カウンセリング・検査・初回施術 5,400円 *約1時間

☆2回目
検査結果報告・施術計画書の説明・施術 6,480
(施術計画書に同意いただいた場合のみ、施術致します)

* 新規の方は1日2人までとなっております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の院長は、人の身体を触る職業に就くにあたって

基礎医学をしっかり学ぶ必要性を感じ、

厚生労働省が指定した専門学校へ進みました。

そこで柔道整復学、鍼灸学をそれぞれ3年間、

合計5,000時間の教育を履修し

国家資格を取得しました。

その後も困っている患者さんの苦痛が

少しでもやわらぐように

カイロプラクティックやオステオパシー、活法、

ファンクショナルトレーニングなどを学んできました。

 

医学的知識や技術を学ぶのに費やした金額は

2,000万円を超えています。

 

20年以上の臨床経験と、

それらの技術を融合した治療法で、

身体的にも、時間的にも負担の少ない、

低刺激の治療法を身につけ効果を出しています。

あくまでも一般的にですが、

他の治療院でこれらの技術を受けると

・カイロプラクティック・・・5,400円

・オステオパシー・・・・・・7,480円

・整体     ・・・・・・7,800円

おおよそ20,680円の内容が、

 

当院では6,480円で受けることが出来ます。

「どこの治療院がいいかよくわからない」と

お悩みの場合はぜひご検討ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム
info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
http://www.kenyu-chiro.com/blog/

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。