ジャンパー膝

Share on Facebook

[ジャンパー膝]でお困りの方へ

当院の院長は1998年に国家資格である柔道整復師を取得して整形外科・接骨院での臨床経験、2002年の開業以来、2万人以上の患者さんを診てきました。

その中で膝の下が痛くて、走れないと言って思うように運動ができずつらい思いをされて来院するのが
ジャンパー膝」です。

・まずどこに行ったらいいかわからない。

・病院で検査しても原因がわからない。

・どこの治療院に行っても改善しない。

といった「ジャンパー膝」でお悩みでしたら、ジャンパー膝の症状や当院の治療方針などについて紹介しております。あなたのご参考になれば幸いです。

ジャンパー膝への想い

私は大学生のころ、ひどい肉離れで思うようにラグビーが出来ず見学が多くなり、

「早く練習したい、見学ばかりだとみんなから白い目で見られるし、でも、脚に力を入れるとまだ痛みがあるし、どうしたらいいんだろう・・・」

となかなか復帰できなかった時期がありました。
そんなつらい経験から、

脚を痛めて日常生活や運動を思い切りできない人を

何とかしたいという想いで柔道整復師の国家資格を

取得したため、「ジャンパー膝」はとくに

思い入れのある疾患の1つです。

 

・運動後、膝のお皿の下や上側に痛みが出てつらい。

・また、痛みが強すぎて思うように運動できない。

・膝が痛いので運動するのが憂鬱だ、

などでお困りの方は、当院へお越しください。

「ジャンパー膝」でお困りの方へ

当院の治療方針など書きましたのでご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

[症状]

ジャンプ動作が要求されるバレーボール、バスケットボール、陸上の跳躍種目などで、大腿四頭筋(太もも前面の筋)によって、膝蓋骨と膝蓋靭帯の接合部に繰り返し牽引力がかかり、腱の微小断裂や変形が生じ、障害が起きる疾患です。

ストレッチするように膝を曲げていくと、局所に痛みが出るのも特徴です。

ジャンパー膝の本当の理由は「〇〇」なんです

一般的にジャンパー膝に対して、アイシングやサポーターなど痛みの局所、つまり膝に対してしかアプローチしません。

また使い過ぎが原因だともいわれていますが、使い過ぎが原因だと、使い過ぎな人でもなる人とならない人がいるのはおかしいと思いませんか?

どうも原因は使い過ぎだけではないようです。

治療をはじめて20年以上、数々のジャンパー膝の人を診ていますが、ジャンパー膝の人の身体の動かし方を検査してみると、ほとんどの場合、下肢(股関節、膝関節、足関節)に動きのアンバランスが存在します。

しゃがむと膝がつま先より前に出てしまったり、つま先より膝の方が内側にまがったりすることで、

大腿骨が内側にねじれたり、股関節が上手く曲がらなかったり、足関節が上がりにくくなったりと、
動きのアンバランスが起こっています。

 

 

 

 

 

 

 

*赤い部分に痛みが出ます。

動きのアンバランスが起こると、動きすぎの関節と、動きが悪くなっている関節ができるということです。

そして、そのまま使い続けると動き過ぎの関節に炎症が起こるのです。そう、ジャンパー膝のの本当の原因は、

動きのアンバランスなんです

ジャンパー膝に対するアプローチ

〇ステップ1

ジャンパー膝は「動きのアンバランス」が関係しているので、当院ではまずNMP検査法という、カイロプラクティックの動きを検査する方法で、

どこの関節の動きが悪くなっているか、どこの関節が動きすぎているのかなど、徒手で丁寧に検査していきます。

そのうえで股関節、膝関節、足関節、背骨の動きのアンバランスを整えていきます。

〇ステップ2

つぎに、症状が落ち着いてきたら、再発しないようにバランスのとれた、本来のあなたの状態が維持されるような動き方のエクササイズを指導、普段使えていない筋肉を活性化していきます。

「施術」と「エクササイズ」の両方を行っていくことで

通常よりも短期間で改善し再発も少ないことが多いです。

けんゆうカイロの想い

私は以前、肉離れで思うように運動が出来なくて苦労しました。もういいだろうと思い、復帰したら、すぐに再受傷、また見学を余儀なくされ、

つらい期間を過ごした経験があります。

でも、そのような経験のお陰で、怪我しているときに、どうすれば早く良くなるか、再受傷しないために必要なことは何か、身体がどうしたら良くなっていくのかなどがわかってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その経験を使って、私と同じように身体の不調で困っている方のお役に立とうという思いで、日々施術を行っています。

なぜなら、身体調子の悪いときのつらさは、
本当によくわかっているからです。

私がつらい経験から学んだことで、一人でも多くのジャンパー膝で困っている人が減れば、それが私の喜びになります。

もし、あなたがジャンパー膝の痛みやで

お悩みなら当院へお越しください。

ジャンパー膝の施術料金

初回
問診、検査、説明、初回治療 5,400円 *約60分
2回目
検査結果・施術計画書説明、施術 6,480円 *約30分
*ポキポキしませんのでご安心ください

お急ぎの場合は、「HPを見て・・・」と
お電話かメールでお気軽にご連絡下さい。

当院は予約制で行っております。
初回は症状の原因を見極めるために
問診や検査に時間をかけています。
そのため、新規の方は1日2人までとなっております。

私は、人の身体を触る職業に就くにあたって
基礎医学をしっかり学ぶ必要性を感じ、
厚生労働省が指定した専門学校へ進みました。
そこで柔道整復学、鍼灸学をそれぞれ3年間、
合計5,000時間の教育を履修し国家資格を取得しました。その後も困っている患者さんの苦痛が少しでもやわらぐように
カイロプラクティックやオステオパシー、活法、ファンクショナルトレーニングなどを学んできました。

医学的知識や技術を学ぶのに費やした金額は2,000万円を超えています。

20年以上の臨床経験と、それらの技術を融合した治療法で、身体的にも、時間的にも負担の少ない、低刺激の治療法を身につけ効果を出しています。

あくまでも一般的にですが、他の治療院でこれらの技術を受けると
・カイロプラクティック・・・5,400円
・オステオパシー・・・・・・7,480円
・整体     ・・・・・・7,800円

おおよそ20,680円の内容が、当院では5,400円で受けることが出来ます。

「どこの治療院がいいかよくわからない」とお悩みの場合はぜひご検討ください

〇電話でのご予約は

078-578-4818
HPを見て」と言ってお電話ください。

〇インターネットでのご予約の方は
24時間 年中無休 ✉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の腰痛整体】口コミで評判の
「けんゆうカイロプラクティック」

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F
神戸高速鉄道「 新開地駅 」東口から 徒歩1分
JR神戸線「 神戸駅 」から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。
ホームページを見て・・・」とお電話下さい
078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です
お問い合わせフォーム
info@kenyu-chiro.com

定休日:日曜・祝日

営業時間:
月曜日   14時~22時
火~金曜日 9時~20時
土曜日    9時~19時

Facebookページ

https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト

http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧

http://www.kenyu-chiro.com/blog/

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。