腰部椎間板ヘルニア

Share on Facebook

 

〇「椎間板ヘルニア」でお困りの方へ

 

こんにちは、木村です。

私は1998年に国家資格である

柔道整復師を取得して整形外科・接骨院での臨床経験、

2002年の開業以来、たくさんの患者さんを診てきました。

 

その中で脚のしびれに悩まされ、
つらい思いをされて来院するのが

椎間板ヘルニア」です。

 

〇腰部椎間板ヘルニアと診断された方で

・できれば手術を回避したい。

・腰の痛みのせいで、趣味のスポーツが楽しめない。

・椎間板ヘルニアに伴う腰痛で子供とろくに遊べない。

などでお困りの方へ

伝えられることや当院の治療方針について

書きましたので、ご覧になってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇これは手術対象ですね・・・ショックでした。

実は、私自身が椎間板ヘルニアで

椎間板ヘルニアの手術適応ですね」と

診断された経験があります。

 

はじめて椎間板ヘルニアがわかったのが

大学生のころです。

ラグビーで肉離れになり、治りが悪いので

腰のMRI検査をしました。それで椎間板ヘルニアが判明しました。

 

その時はあんまりわからなかったのですが、

・椎間板ヘルニアは一度なるともとには戻らない。

・治すには手術以外に方法はない。

・手術後も長期間入院が必要で、

手術代、入院費用も20~30万円以上はかかる

など知って、ショックを受けたのを覚えています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇腰の痛みは全くなかった

その後もカイロの先生に治療していただくようになり、

腰痛は軽減。当時やっていたラグビーも

出来るようになりました。

 

椎間板ヘルニアはなくなったのではと

思うほどでした。

 

再発

30歳ごろ、朝起きたら、腰が痛くてベッドから起き上がるのに

20分以上かかったことがありました。

あまりにも痛みが軽減しないので

整形外科でMRI検査を。

その時に言われたのが

これは手術適応ですね、どうしますか?

でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇私の選択は、手術を受けないでした。

当時の私は、約5年間、整形外科で働いた後、

カイロプラクティックを開業し

2年ほどたったころでした。

 

整形外科で椎間板ヘルニアの患者さんを

たくさん診させていただきました。

術後のリハビリも担当しました。

そんな私でしたが、私が選んだのは

「 保存療法 」でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大学のころ、椎間板ヘルニアがあったにも関わらず

腰痛は出なかった。そんな経験から

椎間板ヘルニアだけが原因じゃないと

感じていたのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近の椎間板ヘルニアについての報告では

1、椎間板ヘルニアは自己免疫機能で退縮してくる。

2.椎間板ヘルニアの突出が痛みの原因ではない。

3.腰に痛みのない人でも70%の方の椎間板が飛び出している。

と言われています。

 

つまり、椎間板ヘルニアだからと言って、

必ず手術を受ける必要はないということです。

あの時の私の選択は間違っていなかったんです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ次のような場合は手術を検討した方が

いいと言われています。

1.痛みの変動がなく、夜中でも痛みが続く。

2.おしっこが出ていたり、便を漏らしているのに
気づかない。

3.足指の感覚がなく動かせない。

などです。

 

そのような症状がある方は、

すぐに病院受診をお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇椎間板ヘルニアの原因は??

すぐに手術が必要な場合以外の方は、

椎間板ヘルニアがあったとしても

椎間板ヘルニアが痛みの原因か

どうかはわかりません。

 

最近では腰痛の85%は原因不明で、残りの15%の内

椎間板ヘルニアが原因だと特定できるのは、

わずかに5%だと言われています。

 

つまり、手術が必要な椎間板ヘルニアは

ごくわずかだということです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手術よりも大切なことはこれです!!

身体の関節はいろいろなところが連動して動きます。

その連動が上手くいかずに、

腰に負担がかかる身体の動かし方をしているのが

椎間板ヘルニアの原因です

 

関節にはしっかり動く関節(モビリティジョント)と

安定する関節(スタビリティジョイント)とがあります。

腰と下部腰椎の関節は「安定する関節」です。

それに対して、腰・骨盤の上下にある

胸椎、股関節が「しっかり動く関節」です。

しっかり動く関節、安定する関節について
(モビリティジョイント・スタビリティジョイント)
詳しくはこちらへ

 

このように、それぞれの関節には役割があるのに、

それが逆転しバランスを崩してしまいます。

 

すると安定するはずの腰、骨盤が不安定になり

痛みが出現します。

これが腰に負担のかかる動きということです

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇けんゆうカイロ椎間板ヘルニア療法の特徴

1.「施術」と「エクササイズ」で痛みを0~3割に。

椎間板ヘルニアには腰椎、骨盤の安定性が重要です。

腰椎・骨盤を安定させるためには、

モビリティジョイントである

股関節の可動性が必要になります。

NMP検査法で股関節の動きを検査し、

悪い動きを改善していきます。

 

2.施術だけでなく、腰椎・骨盤を安定させるために

運動を教えます。

腰椎・骨盤の安定には腹筋が重要になっていきます。

腹筋の中でも腹筋のインナーマッスルです。

この筋肉が活性化しないと、腰椎・骨盤は安定しません。

みなさんが知っている腹筋では、

腹筋のインナーマッスルは活性化しないので、

お教えする腹筋の練習していきましょう。

 

3.腰痛の本当の原因について解説し、

良い習慣を身につけていただきます。

腰痛出現のメカニズムを知ることで、日常生活で

どのように気を付けたらいいかわかります。

メカニズムがわからないと、気を付けようが

ないですからね。

施術ホームケア両方で痛みを防いでいきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は腰痛で苦労しました。

歩くときも足のシビレが残っていて、

足を引きずりながら歩いていました。

また、セミナーで座っていても、腰が痛くてつらくて、

つらくて、セミナーどころではなかったです。

それにトイレ休憩のとき、立とうと思ったら、

腰が伸びなくて。腰が伸びるまで、

腰が伸ばせないおじいいちゃんのように

なったこともありました。

それから、

いろいろなことで腰痛を克服することが出来ました。

その経験を使って、私と同じように

腰の痛みで困っている方のお役に立とうという

思いで、日々施術を行っています。

なぜなら、腰痛のつらさは、本当によく

わかっているからです。

私がつらい経験から学んだことで、

一人でも多くの腰痛患者が減れば、

それが私の喜びになります。

もし、あなたが椎間板ヘルニアの

腰痛でお悩みなら当院へお越しください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

腰痛について。
こちらも併せてご覧ください。

お急ぎの場合は、電話でご連絡下さい。
078-578--4818

関連ブログです。こちらも併せてお読みください。

椎間板ヘルニア

分離と協同

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F map

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム
info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
http://www.kenyu-chiro.com/blog/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院は予約制で行っております。

初回は問診や検査に時間をかけていますので
新規の方は1日2人までとなっております。

 

〇電話でのご予約は

078-578-4818
「HPを見て」と言ってお電話ください。

 

〇インターネットでのご予約の方は

24時間 年中無休 ✉

 

 

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。