脊柱管狭窄症の症状 第174回けんゆう体操教室

Share on Facebook

こんにちは。けんゆうカイロプラクティックの木村です。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

先週末に「第174回けんゆう健康教室・体操教室」を行いました。

今回は参加者の一人が
「歩いているとしんどくなって、座って休憩しないと歩けない。 休憩するとまたしばらくは歩けるんですが、 大変で、こんなの初めてです」 とおっしゃっていたので、
それについてお答えしました。

この症状は間欠性跛行といわれ、 腰部脊柱管狭窄症の方に多い症状です。

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢、労働、あるいは背骨の 病気による影響で変形した椎間板と、背骨や 椎間関節から突出した骨などにより、 脊柱管という脊髄が通る管が狭くなり神経が圧迫されます。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、
安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、
背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、
ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、すこし前かがみになったり、
腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。
というのが特徴的です。

ですので、このような症状では腰部脊柱管狭窄症と診断 されるのですが、
すべてがそうでなく、   痺れが出ている、足関節の可動性が減少していたり、
痺れが出ている筋肉の筋力が弱くなっていたり、
血管の流れが悪くなっていたりと、 意外とそれ以外の原因も多いです。

けんゆう体操教室に参加者には、
とりあえず腹筋と殿筋の 活性化させる運動をおすすめしました。

早く良くなるといいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック 〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F 神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分 JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分078-578-4818  「ホームページを見て・・・」とお電話下さい メールでのお問い合わせは 予約フォームへ 24時間年中無休です

 

Facebookページ : https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/
口コミサイト  : http://www.ekiten.jp/shop_1100941/
過去のブログ一覧:
http://www.kenyu-chiro.com/blog/

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。