Menu

開院した理由

Home
開院した理由
ケンユウカイロストーリー

意識不明の重体

私がこの業界に進もうと思ったきっかけは、
20歳の時にバイクで事故に遭い
5日間意識不明の重体で約2ヶ月間入院したことがきっかけです。

幸い命には別状無かったですが、
内臓破裂、肩関節脱臼、肋軟骨損傷、顔面骨折など、
かなりの損傷を受けました。

事故の影響で身体がうまく動かず、
高校から続けていたラグビーに支障をきたしていました。
身体が上手く動かず、とくに左肩が痛くて、
タックルも出来ず、つらい日々を過ごしていました。

カイロプラクティックとの出会い

整形外科や接骨院に行っても治らなくて悩んでいたころ、

当時、神戸製鋼ラグビー部で活躍されていた武藤規夫さんに
大阪のカイロプラクティックを紹介していただきました。

「カイロプラスティック??よくわからないな 
でも治るんやったら行ってみよう!」と

わらをもつかむ思いで行き、治療をして頂くことになりました。

カイロプラクティックを受けた感想

今まで行ったことのある病院のリハビリや接骨院では痛い
ところをただ少し触って、はい終わりって感じでしたが

それに比べカイロプラクティックの安藤先生
(ドクター オブカイロプラクティック)の治療は、
痛みの出ているところはもちろんですが、

身体全体のことを考えてバランスをとっていくような
治療でした。
「このような治療もあるんだな、
カイロプラクティックってすごいなあ」と思いました。

安藤先生(D.C)には、肩の治療と 身体のコンディショニングの治療を
3年間していただき、大学生活を 終えるまで、安心してラグビーを
続けていくことができました。

カイロプラクティックをしよう

治療をしていただいた3年間、安藤先生(D.C) の姿を見ていて、

・私も将来先生みたいに痛みで困っている人の手助けがしたい
・選手としては出来ないが、けがで思うように動けない
 選手のサポートをしていきたい。

という想いが生まれ、カイロプラクティックの勉強をしていく
ことに決めました。

基礎医学(解剖学、生理学、運動学など)を学ぶために専門学校へ

安藤先生(D.C)の勧めで鍼灸専門学校、柔整専門学校に
合計4年通いました。

専門学校に通い出した頃、朝から夕方までは鍼灸院での助手、
夕方からは学校という生活スタイルで、最初の3ヶ月ほどは
元気よく生活していましたが、

はじめての丁稚奉公、
はじめての一人暮らし、
はじめての仕事と学業の両立と

“はじめて”づくしのため、体調を崩してしまいました。
アトピーがひどくなり、本業の学業にも支障をきたすようになってきました。

それに加え阪神大震災、恩師安藤先生の逝去などがあり
今後どうしたらいいかわからない日々が続きました。

カイロプラクティックオフィス開院

その後、周りのみなさんのサポートに助けられながら、
鍼灸師、柔道整復師の国家資格も取得しました。
その後、整形外科で4年半研修を行い、
2002年9月に現在の治療院を開業しました。

最初の4年間は治療院が2階でしたので、痛みのある患者さんには
階段があるために大変ご迷惑をおかけしました。

2004年からは柔道整復専門学校に講師として行き、
後進の指導にもあたっています。

2006年から現在の1階の場所に移ることができ、患者さんにも
わかりやすく、入りやすくなったと喜んでいただいています。

現在も初心である“私を助けてくれたカイロプラクティックで、
私と同じように困っている人が
健康で元気になって欲しい”

という想いで、日々施術を行っています。

けんゆうカイロプラクティックの考え

けんゆうカイロプラクティックでは、
痛みで苦しんでいる方を助けたい、サポートしたいと考えています。

私は幸い良いカイロプラクティックの先生、
良いトレーニングのレーナーと出会うことが出来ました。

そのお陰で、
・朝、ベッドから起き上がるのに20分かかったことも、
・自分一人で靴下を履くことが出来なかったことも、
・「これは手術したほうがいいですね」と整形外科で言われたことも
ありましたが、

いまでは腰痛が出ないコツをつかみました。
何をしていたら腰痛が出てこないのかなどもわかりました。

その方法を少しでも多くの腰痛で苦しんでいる方に伝え、
一緒に腰痛改善の道を歩いていきたいと思っています。


腰痛の辛さは腰痛で苦しんだ私がよく知っています。

腰痛でお困りの方、お気軽にご連絡ください。