長時間坐位時の腰痛

Share on Facebook

 

〇「長時間座っていると出てくる腰痛」でお困りの方へ

当院の治療方針について書きましたので、

ご覧になってください。

 

 

 

 

 

こんにちは、木村です。

私は1998年に国家資格である

柔道整復師を取得して整形外科・接骨院での臨床経験、

2002年の開業以来、たくさんの患者さんを診てきました。

 

その中でつらい思いをされて来院するのが

長時間座ってくると出てくる腰痛」です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私もこのタイプの腰痛も経験し、つらい思いをしたことを今でも覚えています。

長時間、電車に乗っていると、じわーと腰が痛くなり、

目的地に着いて立ち上がるのに一苦労したことがあります。

 

そんなつらい経験があるので、

同じような腰痛の方が少しでも、痛みから

解放させれればと思って施術しています。

長い時間、座っていると腰が痛くなり、

仕事に集中できない、趣味の手芸が楽しく出来ない

などでお悩みでしたら、当院へお越しください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▶ 次の場合に長時間坐位時の腰痛を訴える方多いです。

・PCでの仕事なのでずっと座っていることが多くて。

・スマホを長時間見ていると腰がだるくなってきて。

・編み物をするときに座っているんだけど

だんだん腰が重たくなってきた。

 

▶ また、こんなことを聞くことがあります。

・うちの子供の勉強している姿勢が悪くて、身体が丸くなっています。

・娘は長時間座ってられないみたいです。腰が痛くなってくるから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんなみなさんは、いろいろ試してはいるみたいです。

・痛くならないように、1時間に1回は立つようにしている。

・腰痛に良いという体操をT.Vでやっていたので、やっている。

・腰痛に良いという○○〇というところに行って治療してもらっているが、その場だけ。

腰痛の方は辛抱強く、頑張れる方が多いようです。

あなたもそうですか。

 

でも、頑張られているのに、結果が伴わないので

「腰痛は治らないんじゃないか、いや、治らないものだ」
「この痛みとは一生付き合ていかないといけない」

などと、あきらめてしまっているのではないでしょうか?

 

当院にも、そんな方たちが来院されています。
そんなあなたのために、

当院の腰痛への考え方をご紹介します。

長時間座っているときに出てくる腰痛の原因と対処法

*長時間座っているときに出てくる痛みの原因は

仙腸関節からの痛みがほとんどです。

 

仙腸関節とは骨盤の後ろの関節です。

まっすぐ座れればいいのですが、腰を少し曲げて

座っていると、仙腸関節に負担がかかり、

痛みが出てきます。

 

関節に負担がかかり過ぎると、関節を固定している

靭帯が緩んできます。そうなると骨盤の安定性が悪くなり

痛みが出てきます。

 

骨盤が緩むと、なかなか安定するまでに時間がかかります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇けんゆうカイロ、
長時間座位時の腰痛に対するアプローチ

長時間座位時の腰痛だけでなく、

あらゆる腰痛に対応しています。

 

理由

腰・骨盤だけでなく、身体を動かすときに連動する

体幹、胸椎、股関節、膝関節などの動きのバランスを

良くしていくからです。

しっかり動く関節(モビリティジョント)

安定する関節(スタビリティジョイント)と

それぞれの関節には役割があるのに、

それが逆転しバランスを崩してしまいます。

 

すると動き自体が負担のかかる動きになります。

負担のかかる動きをしていると、

健康のためと言って身体を動かしても、

動かすたびに負担がたまり、最終的に「痛み」として、

これ以上は無理だということを身体が教えてくれます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

〇けんゆうカイロ長時間座位時の腰痛療法の特徴

1.「施術」と「エクササイズ」で痛みを0~3割に。

長時間座位の腰痛には骨盤・仙腸関節の安定性が

関係します。

骨盤を安定させるためには、モビリティジョイントである

股関節の可動性が必要になります。

NMP検査法で股関節の動きを検査し、

悪い動きを改善していきます。

 

2.施術だけでなく、骨盤を安定させるために

運動を教えます。

骨盤の安定には腹筋が重要になっていきます。

腹筋の中でも腹筋のインナーマッスルです。

この筋肉が活性化しないと、骨盤は安定しません。

みなさんが知っている腹筋では、

腹筋のインナーマッスルは活性化しないので、

お教えする腹筋の練習していきましょう。

 

3.腰痛の本当の原因について解説し、

良い習慣を身につけていただきます。

腰痛出現のメカニズムを知ることで、日常生活で

どのように気を付けたらいいかわかります。

メカニズムがわからないと、気を付けようが

ないですからね。

施術ホームケア両方で痛みを防いでいきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は腰痛で苦労しました。

歩くときも足のシビレが残っていて、

足を引きずりながら歩いていました。

 

また、セミナーで座っていても、腰が痛くてつらくて、

つらくて、セミナーどころではなかったです。

それにトイレ休憩のとき、立とうと思ったら、

腰が伸びなくて。腰が伸びるまで、

腰が伸ばせないおじいいちゃんのように

なったこともありました。

それから、

いろいろなことで腰痛を克服することが出来ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その経験を使って、私と同じように

腰の痛みで困っている方のお役に立とうという

思いで、日々施術を行っています。

なぜなら、腰痛のつらさは、本当によく

わかっているからです。

私がつらい経験から学んだことで、

一人でも多くの腰痛患者が減れば、

それが私の喜びになります。

もし、あなたが長時間座っていると出てくる

腰痛でお悩みなら当院へお越しください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院は予約制で行っております。

初回は問診や検査に時間をかけていますので
新規の方は1日2人までとなっております。

 

電話でのご予約は

078-578-4818
「HPを見て」と言ってお電話ください。

 

インターネットでのご予約の方は

24時間 年中無休 ✉

~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811

神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分

JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、

出光のガソリンスタンドの向かい側、

フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。

24時間年中無休です

お問い合わせフォーム

info@kenyu-chiro.com

Facebookページ

https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト

http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧

http://www.kenyu-chiro.com/blog/

  • お電話での予約

    「HPをみて」といってお電話ください。
    治療の都合上、電話に出られないときがございますが、後程こちらから折り返しお電話致しますので、お名前、電話番号をお入れ下さい。

  • メールでの予約

    問い合わせフォームに希望日など必要なことをご記入いただき送信してください。後程、こちらよりお返事いたします。問い合わせフォームは24時間いつでもお受けいたしております。

コメントは受け付けていません。