今年は「夏の養生」が必須かも?

2021年(令和3年)も早いもので5月5日に『立夏』を迎えました。

夏の養生で最も意識することは『水分の循環』です。

いわゆる水分代謝が良い状態だと、夏の健康状態は良好に保たれます。

2020年は『熱中症』で救急搬送される方が6月~8月だけで4万人を超えたそうです。

今から十分に対策をしておく必要がありますね。

熱中症対策として、一番に挙げられるのが『水分補給』ですが果たしてそうでしょうか?

『1日2Lの水を飲みましょう。』という話が横行して、久しいですが熱中症は増えるばかりです。

では、水分補給の他に何が必要なのでしょうか?
答えは熱中症という文字にあります。

『熱中』をひも解くと『熱に中る(あたる)』と読みます。

これは熱が体のどこかに停滞して、流れない状態を表します。

これを流してくれるのが『水の流れ』です。

『なんだ、やっぱり水でしょ!』と声が聞こえてきそうですが、流れているかどうかが重要です。

人の体で水が流れる状態は

『汗をかく・尿を出す⇒水を飲む』

という流れです。

川の水は流れていると冷たくて、きれいですが池の水はコケで濁りますよね。

水は濁ると熱を帯びてしまうのです。

そこから熱中症対策を考えてみると
『適度な運動』や『入浴』で汗をかいて、
水分補給をすることがポイントになります。

体に淀んだ水を残していると秋や冬を迎えた時に汚れた水が悪さをします。

それが秋の花粉症をはじめとするかなり厄介なアレルギーです。

これからの季節、1日1回は汗をかく習慣に取り組むことをおススメしてます。

 

ゴールデンウィーク期間のお休み

『ゴールデンウィーク中のお休みのお知らせ』

こんにちは。けんゆうカイロの木村です。

ゴールデンウィーク中の診療は

4月29日(木) 9時~17時
4月30日(金) 9時~20時
5月01日(土) 9時~18時
5月03日(月)  休み
5月04日(火)  休み
5月05日(水)  休み
です

5月06日(木)からは通常受付となります。

体調に不安を感じたら、お早めにご相談ください。

素敵な休日をお過ごしください。

お電話でのご予約はこちら

0785784818

ネットからはこちらからお願いします。https://www.kenyu-chiro.com/about/contact.html

コロナに負けるな!春の体力UPキャンペーン!

こんにちは。けんゆうカイロの木村です。

コロナ禍で自粛ムードは続いていますが、お元気でしょうか?

どうしても、家でいることが多くなり、
身体の筋肉が、活性化しにくくなり

なんだか体が重い、だるいという感覚に襲われている方も
多いのではないでしょうか?

そこで、
みなさんに少しでも健康でいていただけるように
「コロナに負けるな!春の体力UPキャンペーン」
として

当院で行っている
「身体が効率的に楽に動く トレーニング K-tore」
4月末まで半額でで提供させていただきます。

6,600円(税込) → 3,300円(税込) (20分)

家でもできる簡単で効果的な体操をお伝えしますので
一度、受けていただいて、その後は家でがんばってください。

*初回は、あなたの希望をお聞きするために
カウンセリングを行いますので45分~60分かかります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

電話 078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
https://www.kenyu-chiro.com/bl

2021.4月 けんゆう体操教室

4月の「はらしり体操」inけんゆうカイロは

4月10日(土)13時~行います。(約70分間)
持ち物:水分、筆記用具
定員:6名(定員になり次第、受付終了いたします)
お腹とお尻を活性化。

動きやすい、きれいな身体を目指します!

*参加者の体温を測らせていただきます。
お熱がある場合は参加をお断りしております。

 

けんゆうカイロプラクティック

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

電話 078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
https://www.kenyu-chiro.com/bl

2021.3月 けんゆう体操教室

3月の「はらしり体操」inけんゆうカイロは

3月13日(土)13時~行います。(約70分間)
持ち物:水分、筆記用具
定員:6名(定員になり次第、受付終了いたします)
お腹とお尻を活性化。

動きやすい、きれいな身体を目指します!

*参加者の体温を測らせていただきます。
お熱がある場合は参加をお断りしております。

 

けんゆうカイロプラクティック

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

電話 078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
https://www.kenyu-chiro.com/bl

当院のコロナ対策

コロナウイルスも少し落ち着いてきて、

緊急事態宣言が解除されたところも出てきました。

でも、変位株も出てきてますので、

ワクチン接種が終わるまでは安心できませんよね。

そこで、当院のコロナウイルスに対する考え、

対策についてお伝えします。

〇感染について

現時点で新型コロナウイルスの感染ルートは

「飛沫感染」と「接触感染」です。

「飛沫感染」に対しては

「感染させないための予防」と「感染しないための予防」

として「マスク」「うがい」があります。

また、「接触感染」に対しては、

接触するだけで皮膚からウイルスが

体の中に入っていくことはありません。

接触した手で粘膜である目や鼻・口を触らないことで

対策を行っています。

つまり、触られたり、触ることだけで

感染させることも、感染することもありません。

しっかりと手洗いや手指消毒することで防げます。

新型コロナ対策として、

みなさんがマスクの着用や手洗い・うがい・

アルコール消毒を励行したためか、

インフルエンザの感染や花粉症で苦しむ方が

少ないように感じます。

やはり効果があるのですね。

〇患者さんの安全性

患者様に安心して施術を受けていただくように、

今後も手洗い、手指の消毒、マスクの着用など

引き続き行っていきたいと思います。

また当院は完全予約制ですので

施術室には施術者と患者様だけ。

次の患者様も待合室で待っておられますので、

同じ時間内に他の患者様と一緒にいるということは

ございませんのでご安心ください。

また、二酸化炭素濃度を計測し、

換気の効果も可視化して安心していただいています。

〇消毒について

患者様が直接触れるものベッドなどは、

お一人の患者様が終わられましたら、

その都度アルコールよりも長時間、抗ウイルス力

・抗抗菌力が続きアルコールでは考えられない程

幅広くウイルスや細菌に対して強力な不活性作用を

有する天然抗菌液にて消毒しております。

患者様のお顔に触れるフェイスペーパーは

その都度交換しておりますのでご安心ください。

〇まとめ

このように当院ではコロナウイルス騒ぎ後も、

以前から行っていた院内感染がないような取り組みや

患者様に安心して治療を受けていただけるような取り組みとしての

消毒や換気、他の患者さんとの接触時間が少なくなるようにすることを

継続して行っていきます。

これも、完全予約制という治療形態をとっていることで

可能な対応になっております。ご安心ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

電話 078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
https://www.kenyu-chiro.com/bl

 

寒暖の差が激しい時は・・・

寒暖の差が激しい時は・・・

寒暖の差が激しい時は
「ぎっくり腰」に注意してください。

春と言っても、まだまだ寒暖の差が激しいですね。

まあ、「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があるように、

春分の日(3月20日)ぐらいまではこんな天気でしょう。

 

そんな急に気温が下がった時に気を付けないといけないのが

「ぎっくり腰」です。

原因は?

いろいろな原因があるのですが、

この時季の原因の1つに腹筋が硬くなってしまう

ことがあります。

寒くなると体が縮んでしまいますからね。

対処法3選

そんな時にオススメの対処法を3つお伝えします。

1.一つ目はドローイン

呼吸に合わせてお腹を膨らませたり、凹ませたりしていきます。

お腹を動かすだけで腹筋の血流が良くなり活性化してきます。

寒いこの時期は、しっかり回数もやりましょう(100回ぐらいを日に2回)

ドローイン動画

2.お風呂でお腹を温める

40度~41度のお湯に最低15分は浸かりましょう。

寒いと温度を上げてしましがちですが、

熱いと長い時間、浸かるのが大変になってきます。

また、いきなり15分も続けて入れない場合は、

5分、5分、5分と分けて入っても大丈夫ですよ。

ジップロップにスマホを入れて、浸かりながら見ると、

あっという間に15分経ちますよ。

3.体を冷やすものを摂らない

体を冷やすものの代表、

お砂糖、小麦粉、お酒。

これらの摂りすぎには注意してください。

寒いので熱燗なら温まると思っている方がいましたが、

お酒自体が体を冷やしますので注意して下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

【神戸市兵庫区の整体院】

けんゆうカイロプラクティック

〒652-0811
神戸市兵庫区新開地3-3-16フローレ神戸1F

神戸高速鉄道 新開地駅 東口から 徒歩1分
JR神戸線 神戸駅から 徒歩7分

新開地本通りの1本東側、
出光のガソリンスタンドの向かい側、
フローレ神戸1Fです。

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

電話 078-578-4818

メールでのお問い合わせも承っています。
24時間年中無休です

お問い合わせフォーム info@kenyu-chiro.com

 

Facebookページ
https://www.facebook.com/kenyu.chiro.kobe/

口コミサイト
http://www.ekiten.jp/shop_1100941/

過去のブログ一覧
https://www.kenyu-chiro.com/bl

 

風邪を引くのは悪いこと??

こんばんは。けんゆうカイロの木村です。

風邪についての小話です。

風邪を引く

「風邪を引く」と言いますが

「風邪に罹る」とはあまり言わないですよね。

東洋医学では「風邪を引く」と言う意味は

風邪(ウイルス)を体の中に

引き入れる必要があるので

引いてくると考えられています。

風邪は大変やん!

風邪なんか引いたら、

鼻水は出るしクシャミが出るし大変やん!

 

そんなふうに思われる方も

いらっしゃると思います。

 

いや、

 

大概の方がそう思いますよね。

私もそうでした。

風邪を引くのは体のため??

いろいろ調べてみると、

そうじゃないとわかりました。

 

鼻水が出ると言うことは、

鼻腔が掃除され呼吸がスムーズに働き

空気が体に入りやすくなります。

 

咳が出ると言うことは、

タンが体から出されて

気管の通りが良くなり、

空気が体に入りやすくなります。

 

逆に鼻腔や気管が詰まっていると

どうなると思われますか?

 

そうです、呼吸がしにくく、空気が入りにくく

酸素の取り込みが悪くなります。

 

酸素の取り組みが悪いと

酸素の巡りが悪いと、血液の巡りも悪くなり

筋肉が固くなったり、新陳代謝が悪くなり

細胞の修復が悪く、疲れが取れない、なんだかだるい

そんな症状が出てきます。

 

そうならないように、風邪を引くんですよ。

コロナ禍ですが、風邪を引いたら鼻水と咳をしっかり出して

鼻腔や気管をお掃除しましょう!

 

長引く場合は、免疫力が低下していることが考えられます。

酸素をたっぷり取り込めるように、

整体と鍼治療をお勧めします!

 

冬の土用 2

前回は冬の土用がはじまっています。
2月2日までですよとお話ししました。

また、土用の時期は次の季節への転換で、
『相当なエネルギーが働く季節』であることをお伝えしました。

今回は体に起こる変化についてお話しします。

どのような変化かというと
「インフルエンザや風邪」
もしくは
「体の痛み」や「下痢」
などの症状です。

その状態に対応するのに、
『相当なエネルギー』が必要になってきます。

そのため、食べ物を食べて、それを消化して、
排泄するという通常の生命活動維持のために
エネルギーを使うことは出来ないと
東洋医学では考えられています。

つまり冬の土用の養生としては

胃や消化管(すい臓)に負担をかけないために
『腹八分目もしくは六分目』

が簡単な養生になります。

胃や消化管(すい臓)を休ませてあげましょう。

冬の土用 1

こんにちは、けんゆうカイロプラクティックの木村です。

1月ももう終わりですが、

今の期間は『冬の土用』なんです。

『土用』の期間は季節の節目

となる立春・立夏・立秋・立冬

の前『18日間』を指します。

2021年、『冬の土用』は

1月17日から2月2日までです。

この期間は次の季節の

準備期間だと言われています

つまり冬の土用は、

寒い寒い冬から

少し活動的になる

春への準備期間です。

季節の変わり目とは、

どんな変化が見られるでょうか?

わかりやすい所で

夏の土用で考えてみましょう。

梅雨が明け、一番暑い季節を迎えます。

その時に入道雲が発生し、

スコールのような雷雨が降ったり、

台風もたくさん発生しますよね。

かなりの変化ですよね。

冬はというと三寒四温、

寒い日があったと思ったら、

春を思わせるような温かい日があったり、

そしてまた真冬並みの寒さになったりと、

変化が激しいですよね。

季節を変化させるには

『相当なエネルギーが働く』

ということが、何となく

わかっていただいたかと思います。

天候に合わせて、

体の中でも大きな変化が起こります。

春に向けて起こる体の変化に

『相当なエネルギーが働く』季節です。

この期間は食べ過ぎ、睡眠不足、

運動不足、働きすぎなど

無理のないように。

次回、もう少し、

具体的なお話をしていきます。